コンカツ始めてみない?

結婚したいのにまだ予定がないという人は、コンカツを始めてみましょう。コンカツをすると、出会いの数がグンと増えます。

コンカツするときに役立つQ&A

コンカツにはどんな方法があるの?

コンカツ方法には、合コンや街コン、婚活パーティーへの参加や結婚相談所の利用などがあります。最近は、ネットでも気軽にコンカツができるようにもなっているでしょう。

コンカツをするときに大切なことは?

やはり大切なことは、積極的に動くことです。せっかく婚活パーティーや合コンに行っても何も話せないようでは意味がありません。話下手でも、聞き上手になるなどアピールしていきましょう。

コンカツ疲れを回避するにはどうすればいいのかな?

コンカツは意外と疲れてしまうものです。ですから、コンカツ疲れにならないように人に頼ることも大事です。結婚相談所のカウンセラーなどを頼って活動していきましょう。

結婚相談所でコンカツすべき人はこんな人!

カップル

婚活パーティーや合コン、街コンといったコンカツ方法がありますが、コンカツの定番といえば結婚相談所という人もいるでしょう。結婚相談所に入会している人は、結婚を真剣に考えている人達ばかりです。そのため、効率よくコンカツができて、結婚に近づけるでしょう。結婚相談所に入会するには書類の提出をし、審査も行われます。また、費用も他の婚活法と比べると高めなので、それなりに経済力がある人が揃っているでしょう。そんな結婚相談所ですが、結婚相談所を利用した方がいい人はあまり恋愛が得意ではない人です。どうすれば相手に気にいってもらえるのかなどなかなか答えが出せないので、困ったり悩んだりすることも少なくありません。しかし、結婚相談所にはカウンセラーがいるので、そういった不安を相談しながら解消し、コンカツをスムーズに進めていけます。

自分から動けるならデータマッチング型

実は、結婚相談所といっても2タイプあります。カウンセラーがついて、プロフィールなどから相手を紹介し、さらにお見合いやパーティーイベントなどのサポートをしてくれるのが、仲介型。もう1つは、データマッチング型といって、こちらはデータベース上から良さそうな人を見つけてコンタクトを取る準備をします。この準備は場合によって自分でやらなければならないので、積極的に動ける人が向いているでしょう。また、もしお見合いのセッティングができても、データマッチング型は仲介型のようなサポートは受けられないことがほとんどです。この違いを覚えておいて、自分に合った方法でコンカツをしていきましょう。ちなみに、データマッチング型は仲介型よりも費用が安めに設定されています。

広告募集中